朗報?Galaxy S25シリーズはやはりExynos2500のみ採用ではない

Samsungは今年の7月上旬に新製品発表会を開催してGalaxy Z Flip 6やGalaxy Ringを正式発表すると予測されていますが、特にGalaxy Z Flip 6に関してはGaalxy Zシリーズ初の試みとなるExynos2400を搭載する可能性。

Samsungはフラッグシップでの利益率を改善させるためなのか今後Galaxy Tab S10シリーズでも採用される可能性があると予測されています。

今回SamMobileによるとGalaxy S25シリーズでもExynosとSnapdragonに分割されると報告しているのでまとめたいと思います。

現状のマーケティングを継続に。

来年初頭に正式発表が予測されているGalaxy S25シリーズですが以前以下のポストが話題になりました。

このポスト通りであればGalaxy S25シリーズは発売地域関係なくExynosを搭載することになります。ただ今回の情報によるとGalaxy S25シリーズでは現行モデルと同じく発売地域によってExynosにSnapdragonと分割されるとしています。

またここ近年の流れでみればGalaxy S25 Ultraは地域関係なくSnapdragon 8 Gen 4を搭載する可能性がありますが、Galaxy S25とGalaxy S25+はExynos2500もしくはSnapdragon 8 Gen 4を搭載する可能性があることに。

Samsungも前のめりに開発。

またSamsungはExynos2500でより最適化に効率化を進めるために別の開発チームを設けたとされており集中的に開発を進めている可能性があります。

やはりSamsungとしてもTSMC製のSnapdragon 8 Gen 4との差を少しでも埋めたいという感じなのかもしれません。また事前情報通りであればExynos2500はSamsungの第2世代3nmプロセスルールを採用すると予測されています。

Dimensity9400やSnapdragon 8 Gen 4はTSMCの3nmプロセスルールを採用するとの予測からもGoogle Tensor以外のハイエンド向けSoCは全て3nmに移行することに。

一方で以前の情報においてSamsungは2025年からGalaxy専用の独自SoCを採用すると予測されていましたが、Exynosの開発に注力していることを考えるとモバイル部門専用の独自SoCが出てくるのは先の話になりそうです。

最新情報をチェックしよう!